【告知】年末特別ウェビナー「2021年、東南アジアビジネスの展望 - 海外M&A・合弁組成による事業機会 - 」(12/17実施)



日時:12月17日(木)日本時間18:00~19:00(インドシナ時間16:00~17:00)

主催:Kusumoto Chavalit & Partners Ltd. 協賛:国際青年会議所(JCI) Indonesia

言語:日本語(英語パートは適宜、日本語への通訳を行います)


登壇者

  • 楠本 隆志 (Managing Partner)

  • Chavalit Uttasart (Founding Partner / Managing Partner of SCL Nishimura

特別講師

モデレーター

  • 行俊 晋太郎 (Director)


参加費無料

参加資格:無し(どなたでもお申込み頂けますのでお誘い合わせの上、ご視聴下さい) 定員200名(応募多数の場合は先着順となります)

お申込み方法こちらのリンからお申込み下さい




実施ツール:ZOOM(お申込み頂いた方に個別にご案内差し上げます) オフラインでのご参加(タイ国会場):Rajanakarn Building 8Fセミナー・ルーム


概要

2021年、世界経済はどう動いていくでしょうか。


バブル経済崩壊以降の「失われた30年」を経て、日本経済は下火の一途を辿ってきました。更に今年はコロナウイルスが全世界で猛威を振るい、国内外での物理的な移動がほぼ全面的にストップ、現在も人々の生活は大幅に制限されています。


グローバルでの産業構造も大きなうねりを伴って変化し、世界中の企業が対応に迫られています。デジタル化、労働生産性…コロナを機に見えてきたのは日本経済の課題です。では、先が見通せない状況下で海外戦略は慎重であるべきなのでしょうか。私たちの答えは否です。今こそ、多くの日本企業がなおざりにしてきた海外事業戦略に真剣に取り組むべき時期が来ていると考えます。これまでと同じ時間軸で経営変革を試みる様では、座して死を待つに等しいでしょう。より一層のスピード感を持って、この先数十年の事業の絵姿を描く必要があります。


本セミナーでは、日本、タイ、インドネシアと、各々異なるバックグラウンドを持つクロスボーダーM&A・合弁組成のプロフェッショナルたちが、実務家の視点から東南アジア各国のマーケット動向、そして2021年の展望について語り、皆様の海外事業開発のヒントとなる様なトピックをお伝えします。

タイムテーブル

  • 18:00~18:10:開会挨拶 (Chavalit Uttasart)

  • 18:10~18:30:講演「海外進出、成功の方程式」 (楠本 隆志)

  • 18:30~19:00:パネルディスカッション「2021年東南アジアビジネスの展望」 (楠本 隆志、Erik Budiman、行俊 晋太郎)

  • 講師略歴

#1. 楠本 隆志 (KCP代表パートナー)

【略歴】

日系商社、タイ国政府系商業銀行バンクタイ(現CIMBタイ)を経て、2010年にKCPを設立し代表パートナーに就任。

三菱地所、日活・日本テレビ、鴻池運輸、辻本郷税理士法人等の日系クライアントのクロスボーダーM&A・合弁組成のアドバイザーとして実績多数。

【学歴】

-大阪外国語大学(現大阪大学)卒業

-ワシントン大学大学院経営管理プログラム修了

【その他の活動等】

-顧問・アドバイザー: コーポレイト・ディレクション(日系戦略コンサルティング会社)、Aira Securities(SET上場・証券)等歴任

- セミナー講師:三菱UFJ モルガン・スタンレー証券 、京都商工会議所、早稲田大学 等多数


#2. Chavalit Uttasart (KCP設立パートナー / SCL Nishimura 代表パートナー)

【略歴】

タイ国大手法律事務所International Legal Counsellors Thailand Ltd. パートナーを経て、2005年にChavalit Law Groupを設立。その後、同社の西村あさひ法律事務所との経営統合を経て、現在、SCL Nishimuraの代表を務める。

【学歴】

-LLB, Chulalongkorn University

-Barrister-at-Law, the Honourable Society of Gray’s Inn, London

【その他の活動等】

タイ国上場Nok Airlines PCL取締役

Thai Bar Association、ASEAN Law Association、大学での教鞭活動多数


#3. Erik Budiman (Director & Co-Founder of iRadar, IndoSterling Group)

【略歴】

KPMGシンガポール、インドネシア上場AKR Corporindo等を経て、2016年より現職。インドネシアの上場企業を中心とするクライアントに対し、M&A、IPO、IRまでを含むアドバイザリー・サービスを提供。

【学歴】

-Bachelor of Commerce, University of Melbourne

-Master of Practicing Accounting, Monash University

【その他の活動等】

- Thammasat University Centre for Asian Law and Public Policy

- Foreign Policy Community of Indonesia


本件に関するお問合せ先:KCPセミナー担当(info@kusumotochavalit.com


お問合せはこちら

東南アジア(ASEAN)の最新ビジネス情報、クロスボーダーM&Aに関する知見・論考、セミナー案内等をメールマガジンでお届けしています

  • LinkedInの社会のアイコン

公式SNSはこちら