楠本 隆志

Takashi Kusumoto

Managing Partner

KCP代表パートナー。

 

タイ国政府系商業銀行バンクタイ(現:CIMB Bank)を経てKCPを設立し、代表パートナーに就任。以降、三菱地所、鴻池運輸、日活・日本テレビ等の日系大手企業のM&A、合弁案件を手掛けた。

 

日系商社時代にはサウジアラビア現地企業出向、ニューヨーク現地法人副社長、シアトル現地法人社長を歴任。

現在、日本政府系機関複数でアドバイザーを務めるほか、過去にはAIRA Securities、日系戦略コンサルティング・ファームのコーポレイト・ディレクションの顧問を務めた。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券、マーキュリア・インベストメント、辻・本郷税理士法人、早稲田大学等、講演実績多数。

著書に『アジアの見えないリスク』(日刊工業新聞社、共著)がある。

学歴​

  • 1978年: 大阪外国語大学(現大阪大学) 卒業

  • 1993年: ワシントン大学大学院経営管理プログラム 修了

リンク

お問合せはこちら

東南アジア(ASEAN)の最新ビジネス情報、クロスボーダーM&Aに関する知見・論考、セミナー案内等をメールマガジンでお届けしています

  • LinkedInの社会のアイコン

公式SNSはこちら