財務アドバイザリー(FA業務)

 - 現地の実務に関する知見を有する財務のプロとして、価値算定及び価格交渉を主導します

M&A/資金調達に関する財務面からの助言、いわゆるファイナンシャル・アドバイザリー(FA)業務はKCPのコア業務です。企業価値・株式価値評価(バリュエーション)、取引価格をはじめとする諸条件の交渉、そしてDD(買収監査)実務を含む全プロセスの指揮・管理を行います。

この点、国が変われば会計基準や法制度は異なる為、とりわけ出資を伴う取引においては、現地実務を熟知したプロのサポートが必要です。東南アジアには、二重帳簿の問題をはじめ、特有の留意点が多数存在しています。教科書的なスキーム選定や投資評価を行う事は、コンプライアンス上も重篤なリスクを招きます。

また、企業実態に応じた適正価格が算出できずに高値掴みをする、或いは値段の目線が合わずに交渉決裂に終わってしまう事になります。

私達は財務のプロとして適正な取引価値を算定・助言する事はもちろん、社内弁護士主導でリスクを最小化するスキームを組成し、各種取引条件に関する助言と交渉を行います。

お問い合わせ

  • Bloomberg-logo-square
  • LinkedInの - ホワイト丸

©2010 - 2020 Kusumoto Chavalit & Partners Ltd.