M&A/合弁事業は、海外戦略実現の手段であって、目的ではありません。

当初描いていた海外戦略を形にする為には、M&A/合弁会社設立後、速やかにPMI (経営統合)に着手する必要があります。必要取組事項の抜け漏れや、モニタリング体制の機能不全が起こってしまうと、事業開始のスタート時点から躓いてしまう事になります。

KCPは、企業文化の融合及び体制強化、そしてシナジー実現まで、上場企業から中小企業まで幅広く豊富な支援実績があります。

時には役員を派遣し、単なるアドバイザーの立場ではなく、弊社も共同出資者として経営参画しています。

「成約して終わり」の海外M&A/合弁事業にはしない。共に現場で汗をかき、当事者としてリスクを負担することも厭わない。それが、KCPが目指すアドバイザーとしての姿です。

お問い合わせ

  • Bloomberg-logo-square
  • LinkedInの - ホワイト丸

©2010 - 2020 Kusumoto Chavalit & Partners Ltd.