ベトナムの産業・物流不動産 - 電子商取引や医薬品の需要により投資が集中




電子商取引や医薬品の需要により、ベトナムの産業・物流不動産セグメントは2021年に最も回復力のあるアセットクラスとなる

不動産コンサルタントのジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)は、同セグメントに関する最新のレポートの中で、2021年初頭から中旬にかけては、Covid-19がベトナムの生活やビジネスを変えた時期として歴史に残るだろうと述べている。ベトナムは世界的に見ても早い時期から、ほとんどの省や市の当局が厳格に社会的距離を確保する措置を取ったため、家に閉じこもっている消費者がオンライン・ショッピング・ポータルに殺到し、電子商取引が劇的に加速したためだ。「経済活動が鈍化する中、Covid-19は電子商取引の急増をもたらし、デジタルトランスフォーメーションを加速させた」と、JLLのベトナム・トランザクション部門の顧客開発責任者であるTrang Bùi氏は述べている。


倉庫やサプライチェーン、製造施設からなる物流・産業ビルは、近年の電子商取引やサードパーティ・ロジスティクス(3PL)サービスの台頭により、投資が集中している。


Vietnam e-Commerce and Digital Economy Agencyによると、ベトナムは、若くて技術に精通した人口と、高いスマートフォンの所有率、4Gの力強い成長により、東南アジアで最も急速に成長しているeコマース市場の1つであり、昨年の小売電子商取引の成長率は18%で、118億米ドルに達したという。JLLは、アジア太平洋地域の物流・産業投資が2019~2021年のほぼ2倍、2023~25年には500~600億ドルになると予測している。今年の第2四半期の工業用地と既製工場の総面積は、北部が9,700ha、190万平方メートル、中部が6,600ha、3万500平方メートル、南部が25,200ha、320万平方メートルであった。


電子商取引や医薬品の需要により、ベトナムの産業・物流不動産セグメントは2021年に最も回復力のあるアセットクラスとなる

本四半期には多くのM&Aが行われ、GNPインダストリアルやKCNベトナムなどが新しい投資を行い、パンデミックの最中でも市場の大きな可能性を示す兆候が見られた。「投資家の多くは、安定した収益資産に資金を配分しようとする一方で、物流資産へのエクスポージャーを増やし始めているため、物流・産業資産クラスの魅力はますます高まっていくだろう」とTrang氏は述べる。


同時に、人々の移動が制限されたことで工場は労働力不足に陥り、サプライチェーンや製造業に影響を与えている。コロナ危機に伴う物流統制の一環として、政府が商品が必要不可欠なものとそうでないものに分類したため、物流関係者は多かれ少なかれ商品配送の混乱に見舞われた。FMCG、電子商取引、医薬品、冷蔵倉庫などは、都市部に近い場所に倉庫を増設する需要があるが、自動車、重機械、化学工業は郊外に短期リースを求める可能性が高いと見られる。


Trang氏によれば、建設資材の価格が今年25%上昇したものの、電子商取引や医薬品サービスへの需要により、ベトナムの産業・物流不動産セクターは2021年に最も回復力のある資産クラスであり続けることが確実になった。


しかしながら、物流業界は成長目標を達成するために多くの課題を克服しなければならない。産業・物流サイクルの次の段階に入り、地域の同業者間での競争力を高めるためには、高速道路、ユーティリティネットワーク、再生可能エネルギーなどのインフラへの投資を継続することが不可欠であり、かつ国際輸送に必要な時間とコストを大幅に改善する必要がある。


最後までご覧頂き有り難うございました。記事内容に関するお問合せ、関連業界のM&A案件・パートナー候補の情報、市場調査のご相談等は担当者又はお問合せフォームまでご連絡下さい。